オフィスサスティナブル

ホーム注目記事一覧

PICK UP注目されている記事

注目記事の一覧ページです。多くの方が興味を持っている情報をご紹介します。

意外と知らないオフィス家具と一般家具の違いをわかりやすく解説

オフィスで仕事をしているときにはあまり意識したことが無かったという方でも、ここ数年の間に在宅ワーク・テレワークの選択を余儀なくされている方も増えているようです。 自宅で仕事をするときには、仕事をするスペースとプライベートな空間を分けた方が作業効率が上がるため、専用の家具の導入を検討されている方も多いでしょう。 オフィスで使用しているオフィス家具は自宅で使用している家具とは違います。ですが具体的にどこがどのように違うのかについて、あまり知られていないのも事実です。 そこで今回は、オフィス家具と一般家具の違いを、5つのポイントに分けてわかりやすくご紹介します。 ・オフィス家具と一般家具の違いは大きく分けて5つ! ・状況や予算に合った家具を導入することが大切 オフィス家具と一般家具の違いは大きく分けて5つ! 誰の目にも簡単にわかる違いは見た目です。オフィス家具はシンプルで何となく古臭いイメージが多いと感じる方もいるでしょう。ここではそれ以外の大きな違いを5つご紹介します。 オフィス家具と一般家具の耐久性の違い 毎日使うという点ではオフィス家具も一般家具も同じですが、オフィス家具は不特定多数の方が毎日使用するものなので、一般家庭用の家具よりも耐久性が高く作られています。 耐久年数は平均して5年~7年と長く使えるように設計されています。長く使えて頑丈な造りこそがオフィス家具の特徴の一つでもあり魅力です。 オフィス家具と一般家具の転用性の違い 一般の住宅とは違い、オフィスはより利便性が高い場所へ移転するなどの機会が多いものです。例えば従業員数の増加や会社の状況によって、移転先へと家具も一緒に移動しなければなりません。 その際に一度家具を解体して移動先で組み立てて使用するので、オフィス家具は一般家具よりも転用性が高く設計されているのです。 オフィス家具と一般家具のモデル継続性の違い 一般家具は流行や趣向に沿ってデザインされているので、次々と新しいモデルへと入れ替わっていきます。ところがオフィス家具はモデル継続性が高く作られています。その理由は破損したり付け足すことがあるからです。 もちろんそれでも4年~5年でモデルは変わりますが、後継モデルがあるので大きく見た目や大きさが変わる心配がないのです。 オフィス家具と一般家具の価格の違い オフィス家具は耐久性が高く転用性が高く、モデル継続性が高くて優れているように感じたかもしれませんが、その分一般家具よりも価格は高めです。人数の多いオフィスではかなりの出費になります。 一方で一般家具は、大量生産を行っているものが多いので、オフィス家具よりも価格が安いのが魅力です。 オフィス家具と一般家具のデザインの違い オフィス家具のデザインはシンプルです。作業効率や耐久性を重視するため、デザインの種類があまり多くはないのです。その点一般家具はデザインが豊富で好みの家具を選べます。 もちろん最近ではオフィス家具にも一般家具に近い見た目のものも増えているので、好みのデザインの家具を探すのも楽しいかもしれません。 状況や予算に合った家具を導入することが大切 オフィス家具にも一般家具にもそれぞれメリット・デメリットがあります。仕事をするのだからといっても一概にオフィス家具が絶対に必要というわけではありません。 例えばテレワークのための家具を購入する場合、高くて大きいオフィス家具を購入するよりも、部屋の大きさに合ったサイズや価格の一般家具を選択した方が良い例もあるのです。 テレワークをする期間も状況によっては短くなる可能性もあるので、状況に合わせて家具を選ぶ方が後々後悔が少なくなるかもしれません。そのときどきの状況に合わせて選ぶことをおすすめします。 今回はオフィス家具と一般家具の違いについて、5つの違いをご紹介しました。 ・オフィス家具と一般家具の違いは大きく分けて5つ! ・状況や予算に合った家具を導入することが大切 メリットとデメリットをよく考慮して、仕事部屋にピッタリの家具を選ぶと良いでしょう。また、自宅で短期間の仕事をされるのならば一般家具を導入するのもおすすめです。

リモートワーク促進に伴うオフィスレイアウトとは?リモートワークのメリットとデメリットも徹底解説。

現在のコロナ禍において、リモートワークという働き方は非常に注目を集めています。 コロナ禍での勤務に対応するためにオフィスの移転やリフォームを検討している企業、さらにはリモートワークの導入を検討している企業もいるでしょう。 自分のペースで自由に働くことのできるリモートワークは働く人にとっては、とても魅力的な働き方です。リモートワークを促進していくためには、オフィスにおけるレイアウトも大切になります。 本記事では、リモートワーク促進に伴うオフィスレイアウトについて解説をしていきます。 ・リモートワーク促進に伴うオフィスレイアウトとは? ・リモートワーク促進を意識したレイアウトのポイントって? 本記事を最後まで読んで頂ければ、リモートワークにおけるオフィスレイアウトについてより深く知って頂けます。 リモートワークのメリット、デメリットって? コロナ禍において、政府からはオフィス勤務の7割減を提言されているようにリモートワークは働き方改革の1つとして注目を集めています。 企業で働く人々にとっては毎日オフィスに出勤をする必要もなくなり、好きな場所での仕事ができるようになるリモートワーク。 そんなリモートワークにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか? リモートワークのメリットって? 育児や介護などとのバランスも考えて仕事ができる オフィス勤務となれば、就業時間が終了するまで拘束されるかたちとなるので、その間は自由に動くことができません。家庭で何かトラブルがあった場合でも、すぐに対応することは難しいでしょう。 しかし、リモートワークであれば自分のペースで家庭の育児や介護をおこないながらバランス良く仕事をすることも可能になります。 オフィスへの移動時間を削減できる オフィスで勤務するためには当然、オフィスに出勤をしなければなりません。 出勤時間に間に合うように何時間も前に家を出て、電車に乗ってようやくオフィスに辿り着きます。この移動時間に関しては正直なところ、無駄というように感じている方も多いのではないでしょうか? 確かにこの移動時間の分、業務ができると考えればリモートワークにて業務をした方が、効率的なこともあるかもしれません。 リモートワークのデメリットって? コミュニケーションが取りにくい 確かにリモートワークは、マイペースに自由に仕事をおこなうことができます。 ただ、仕事は1人ではできません。他の社員の方と協力をして業務をおこなう必要があります。リモートワークでは、どうしても業務におけるコミュニケーションが取りにくくなります。 オフィスでの勤務であれば直接、対面での連携をとることができます。 しかし、リモートワークでは業務時間が自由な分、連携がとりにくいのです。そのため、リモートワークにおいてはメールや電話、ビデオ通話などを駆使して積極的にコミュニケーションをとっていく必要があります。 成果が見えにくい リモートワークにおいては自分1人だけの作業となるので、誰も見ていません。 その分、自由に仕事ができますがどのくらい仕事をしているのか、どれくらい頑張っているのかが評価されません。成果がすべてというわけではありませんが逆に、サボっているのではないかと思われてしまう可能性もあります。 そこで先ほどのコミュニケーションのデメリットへと繋がっていきますが、作業の際にはこまめに連絡をとるようにして、きちんと作業をおこなっているということを示す必要があります。 リモートワークに最適なオフィスレイアウトとは? リモートワークにおけるオフィスレイアウトとなると、これまでのグループ体制重視の環境よりも、個人にて業務をおこないやすい環境を目指すことが大切です。 リモートワークのオフィスにおける必要なスペースは主に以下の2つです。 ・個人スペース ・共有スペース それでは1つずつ詳しくみていきましょう。 個人スペース リモートワークにおける大前提は、やはり個人で働きやすい環境であるということです。 集中して作業ができる個室、時折、人の気配を感じることのできるオープンスペースなど個人にて作業効率をアップさせることに特化したスペースが必要となります。 共有スペース 個人スペースも大切ですが、共有スペースも大切です。 実際の作業をおこなうだけなら個人スペースのみで良いですが、ミーティングやリフレッシュとしてのコミュニケーションを図るうえでは共有の場も必要になるからです。 リフレッシュスペースや、ミーティングスペース、ディスカッションスペースなど、他の社員の方との連携やコミュニケーションを図るために共有スペースもしっかりと視野に入れておく必要があります。 いかがでしたでしょうか? 本記事では、 ・リモートワークのメリットとデメリットって? ・リモートワークに最適なオフィスレイアウトとは? について、まとめてみました。 リモートワークは今後、ますます拡大されることが予想されます。 時間と場所を選ばないリモートワークという働き方が、企業に影響がないように広まっていくことが働く側にとっても最適であると考えます。 本記事を参考に是非1度、リモートワークについて知識を深めてみてはいかがでしょうか?

テレワークにおける快適なイスの3つのポイントとは?選び方も徹底解説。

新型コロナウイルスの影響によって、自宅やでのテレワーク勤務となった方も多いでしょう。 しかし、これまでオフィスで勤務していたのに突然、自宅での作業と言われても環境に困ってしまっている方も多いのではないでしょうか? パソコンやデスクなどさまざまなアイテムを用意しなければなりませんが、中でも大切になってくるのがイスですよね。 そこで本記事では、テレワークにおける快適なイスの3つのポイントについてご紹介していきます。 選び方についても解説していきますので最後までぜひ、ご覧ください。 ・テレワークにおける快適なイスの選び方は? ・テレワークにおける快適なイスの3つのポイントとは? テレワークにおける快適なイスの選び方は? テレワークのためのイスとひとことに言っても、さまざまな種類の製品があり迷ってしまいますよね。 その場合、どのようにイスを選んでいけばいいのでしょうか? 座り心地で選ばない 疲れないように作業をするということで、座り心地を基準にイスを選ぶ人も多いのではないでしょうか? しかしながら、座り心地のみでイスを選んでしまうと後悔することになってしまう可能性があります。 ただ、座り心地がいいだけだと単純にイスの座面が柔らかいだけということもあるからです。 大切なのは、実際に座った時にいかに適度に座面が沈みこむかということです。適度に沈みこんでくれれば体重がバランスよく分散されるので、お尻が痛くなってしまったりということが少なくなります。 テレワークにおける快適なイスの3つのポイントとは? 前述でもお話した通り、座り心地だけでイスを選んでしまうと失敗してしまう恐れがあります。快適なイスを選ぶポイントは他にあるのです。 快適なイスのポイント1:腰のフィット感 まず最初のポイントは、腰のフィット感です。 腰がイスにしっかりとフィットしているということは、背中がキレイなかたちをキープできており自然な体勢でいられるということです。 この状態をキープすることができれば、体に負荷がかかることなく疲れも軽減することができます。 快適なイスのポイント2:スタンディングデスクとの相性がいい 快適なイスといっても、ただ座っていて快適ということだけが基準ではありません。いくら快適なイスとはいえ長時間、座って作業をしていれば必ず疲れは出ます。 しかしながら、作業に集中していたりすると無意識のうちに長時間経ってしまっていることも多いですよね。 スタンディングデスクに合わせたイスを選択して、スタンディングスタイルと座って作業をするスタイルと併用することで、快適な作業をおこなうことができます。 快適なイスのポイント3:作業時間で選ぶ 快適なイスを選ぶためには、作業時間も重要です。 1時間ほどで済む作業なのかそれとも長時間、作業しなければならないのかということを考えてイスを選ぶ必要があります。 極論を言うと、短時間の作業であればおうちにあるダイニングチェアなどでも問題ありません。しかし、長時間の作業となるとダイニングチェアは座面も固いので疲れやすくなります。 1時間ほどの作業であれば通常のオフィスチェア、5時間以上の作業となればゲーミングチェアといったように作業時間に合わせると、快適なイスを選ぶことができます。 いかがでしたでしょうか?本記事では、快適なイスのポイントと選び方についてご紹介いたしました。 ・テレワークにおける快適なイスの選び方は? ・テレワークにおける快適なイスの3つのポイントとは? 快適なイスとひとことに言っても、好みや仕事の作業内容もそれぞれなので、人によって異なります。 しかしながら、ポイントをしっかと抑えることで快適なイスを選ぶことができます。 皆さんもぜひ、本記事を参考に自分に合った快適なイスを選んでみてはいかがでしょうか?

オフィスにおけるハイパーテーションとローパーテーションの違いは?特徴についても徹底解説!

現在のオフィスにおいては新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、パーテーションを設置する企業が増えています。 パーテーションにはさまざまな種類のものが用意されています。 新型コロナウイルスの飛沫防止対策の意味だけではなく作業に集中するための環境であったり、プライバシー保護のためであったりと本当にさまざまな用途に使われています。 本記事では、ハイパーテーションとローパーテーションの違いについて詳しく解説していきますので最後までぜひ、ご覧ください。 ・オフィスにおけるパーテーションの必要性は? ・ハイパーテーションとローパーテーションの違いは? オフィスにおけるパーテーションの必要性は? 冒頭でも少しお話しましたが、パーテーションは本当にオフィスにおけるさまざまな場面で活躍しています。 デスクワークをおこなう際に他の社員の方々と目線をずらして作業に集中できるようにしたり、簡単な会議スペースもつくりあげることができます。 さらに、外部のクライアントとの打ち合わせの際には防音性能の高いパーテーションでしっかりと機密情報を保持したりと、オフィスにおいてパーテーションは非常に重要な存在となっているのです。 ハイパーテーションとローパーテーションの違いは? パーテーションにはおもに2種類あり、ハイパーテーションとローパーテーションというものがあります。 こちらでは、それぞれのパーテーションについて詳しくみていきます。 ハイパーテーション ハイパーテーションというのは、天井や床などにしっかりと頑丈に固定して設置するタイプのパーテーションになります。 オフィスの移転や改修の際には取り外すことは可能ですが、しっかりと固定してしまっている状態にはなるので、取り外しが容易でないというのがデメリットになるかと思います。 しかしながら、それは同時にメリットにもなっており簡易的に丈夫で機密性の高い空間をつくりあげることができるということでもあるのです。 ハイパーテーションの最大の特徴はその防音性能。 天井や床などを利用してパーテーションを設置してしまえば音も漏れにくく、遮音性も確保することができます。 たとえパーテーションであったとしてもハイパーテーションを上手く活用すればセキュリティ性の高い空間をつくりあげることも可能です。 ローパーテーション ローパーテーションは特に固定がされておらず、簡単に移動することができるタイプのパーテーションになります。 1枚で簡易的に使えるものから折りたたみができるものまで、バリエーションが非常に豊富なパーテーションとなっています。 ローパーテーションの最大の特徴はコストをかけることなく、空間づくりができるということ。 デスクにおける快適な作業環境も確保するために設置したり、簡易的な打ち合わせスペースもすぐにつくることができます。 活用できる用途の多いローパーテーションですが、デメリットもあります。それは、先ほど紹介したハイパーテーションとは逆で防音性能に欠けること。 簡単かつ適度な環境をつくりあげることには向いていますが、機密性の高い安定的な空間をつくりあげることには不向きと言えるでしょう。 本記事では、ハイパーテーションとローパーテーションの違いについてまとめました。 ・オフィスにおけるパーテーションの必要性は? ・ハイパーテーションとローパーテーションの違いは? ハイパーテーションとローパーテーションを上手く使い分ければ快適なオフィスをつくりあげることも可能ですのでぜひ、皆さんも本記事を参考に目的に合ったオフィスをこれらのパーテーションでつくりあげてみてはいかがでしょうか。

超簡単!空間デザインで重要なゾーニングのやり方

オフィスを移転・新設するときに重要なのが、オフィス全体のレイアウトです。作業効率やセキュリティ対策など、さまざまなことは全てゾーニングで決まります。 この記事では、オフィスの空間デザインをするときの「ゾーニング」のやり方をご紹介します。 ・空間デザインで重要なゾーニングとは ・ゾーニングをするときのポイント ・用途別にゾーニングすればセキュリティ対策が自然とできる 空間デザインで重要なゾーニングとは オフィスのどこに何を配置するかを細かく決める以前に、どのスペースに何を配置するのかを大雑把に決める作業があります。これを「ゾーニング」といい、実はこれがオフィスのレイアウトを決める重要なポイントです。 大雑把に決めるといっても全ての配置がゾーニングで決まるので、しっかりと業務開始後のことを考えて決めなくてはなりません。例えば「動線」「快適性」「セキュリティ」なども考えた配置分けをします。 ゾーニングをするときのポイント ゾーニングを始める前に重要な、4つのポイントをご紹介します。このポイントを抑えておけば、作業効率が良いオフィス作りができます。 コミュニケーションの取りやすさを考慮する 社員同士が自然にコミュニケーションを取りやすいゾーニングを行います。大手企業の中にはリラクゼーションルームを設け、自然と社員同士がコミュニケーションを取れる仕組みにしているところもあります。 休憩時間だけではなく、関係した部署を隣り合わせにすれば、協力体制が取りやすくなるので、自然と作業効率が上がります。 動線の良さを考慮する 業務を行うのに動線の良さは重要です。ゾーニングを行うときにはスムーズな移動が可能かどうか、十分なスペースを確保できるかなども考慮します。 移動がスムーズだと移動にかかる時間の節約ができますし、何よりも災害に巻き込まれたときに非常口へ行く時間も短縮できます。つまり従業員の命の安全の確保にもつながるのです。 配線の位置を考慮する ゾーニングには配線の位置も含まれています。どこの配線をすれば作業の妨げにならない接続ができるのかや、オフィス全体を均等な明るさにできるのかも決まります。 事業内容に合った配線の位置を決めなくてはなりません。 用途別にゾーニングすればセキュリティ対策が自然とできる オフィスのゾーニングは「従業員が使うスペース」「お客様のためのスペース」「従業員とお客様が使うスペース」でも分けます。従業員が使うスペースは当然ですが執務室です。実際に従業員が作業する部屋ですね。 お客様をお迎えするゾーンは、出入り口(エントランス)のすぐ近くが望ましいです。共有スペースを中央にもってきて、従業員が使用するスペースを一番奥にもってくるのが理想です。 そうすれば、セキュリティ対策も自然にできるからです。このとき顧客データや書類などを保管する部屋を管理する部署を、保管部屋の前に持ってくるのがおすすめです。 簡単なエリア分けは以下のとおりです。 ・執務室(作業スペース) ・給湯室 ・リフレッシュスペース ・応接室 ・エントランス ・トイレ ・会議室 この記事では、オフィス空間デザインで重要なゾーニングについてご紹介しました。 ・空間デザインで重要なゾーニングとは ・ゾーニングをするときのポイント ・用途別にゾーニングすればセキュリティ対策が自然とできる オフィス移転や新設する場合に、快適に業務ができるかどうかを決める重要なものがゾーニングです。 事業の内容や従業員数によっては、さらに細かく決めていかなくてはならないですが、コンセプトに応じた空間づくりを目指してください。

疑問解決!オフィスリノベーションの費用の相場と内訳

オフィスが古くなって暗く感じる、もっと広々としたレイアウトにしたい!そんな希望を叶えるのが「オフィスリノベーション」です。この記事では、オフィスリノベーションを検討中の方が最も気になる「費用」について、徹底調査をしてご紹介します。 ・オフィスリノベーションの効果 ・オフィスリノベーションの費用の相場はいくら? ・オフィスリノベーション工事の費用の内訳 ・オフィスリノベーションの費用を相場より安くするのは難しいが オフィスリノベーションの効果 オフィスリノベーションはリフォームとは違います。リフォームが元の状態に戻すならば、リノベーションは全く違う形に変えてしまうという方法です。例えば壁を抜いて広くしたりなどがそうですね。 リノベーションのメリットといえば、新築よりも安いという点ですが、リノベーションの規模によっては新築並みに高くついたというケースが無いとはいえません。しかし平均的には新築よりやすく新築が手に入ると考えて良いでしょう。 実際にオフィスリノベーションを行った企業は、リノベーションをした後は社員のやる気が出て業績が上がった、クライアントが増えたなどの声があったり、耐震性がアップして安心感が出たなどの声もあります。 つまりオフィスリノベーションを行うことで、やる気がアップして業績アップ、クライアントの評判もよくなったというメリットが大きいものだとわかります。 オフィスリノベーションの費用の相場はいくら? メリットが大きいと聞くのでわが社も!と思ったとき、何に一番注目するのかというと、恐らく多くの方が「費用相場」が気になるものです。新築並みに改装をするのだから、安いわけがないと考えるのが普通です。 では実際にオフィスリノベーションの費用の相場はいくらなのでしょうか?一般的には1坪あたり10万円~30万円と言われています。インターネットでもそのように記載されているところが多いですよね。 つまりリノベーションするオフィスの広さによって費用が変わるわけです。例えば100坪のオフィスをリノベーションしたら1000万円~3000万円!これが費用相場です。 安いか高いかの感じ方は別にして、オフィスリノベーション費用相場はあくまで相場です。この記事ではもっと踏み込んで、内訳まで紹介します! オフィスリノベーション工事の費用の内訳 実際にオフィスリノベーションにかかる費用の内訳を紹介します。もしかすると費用を抑えるヒントがあるかもしれません! 解体工事 壁を壊して広いスペースが欲しいと計画した場合、大きな解体工事を行う必要があります。特に窓を大きくしたい場合は壊す壁の面積も広くなります。 そのため、解体する場所が大きくて多いほど解体工事に費用がかさむわけです。 仮設工事 壁や窓を解体する前に行います。足場を作ったり解体するときのホコリ防止のための水の確保、作業中に使用できないトイレの代わりに仮設トイレの設置などを行います。 内装工事・大工工事・タイル工事・外壁工事 実際に工事を行うのが作業員です。大工だけではなく左官などもこれに当てはまりますし、内装工事を行う作業員もこれに当てはまります。 当然人数が多ければ多いほど、この費用は高くなっていくでしょう。 電気工事・水道工事・ガス工事 電気配線、コンセントやスイッチなどのほかに照明器具などを取り付ける作業員です。水道管の工事やガス管の工事なども行います。 家具工事 作りつけの家具を特別に使用する場合、家具工事が行われます。実は意外と作りつけの家具を取り付けるのには費用がかかります。コストを下げたいなら既製品を使用すると安くできるでしょう。 オフィスリノベーションの費用を相場より安くするのは難しいが 一言でオフィスリノベーションの費用相場といっても、工事の内容によっては相場よりもかかってしまうものです。特に特別感を出すための工夫をすればする程費用がかさみます。 ですが、できるだけ理想に合う既製家具を選ぶ、解体工事をする場所を減らすなどの工夫をすれば、相場に近づけることは可能です。そのためにも入念な計画を立ててオフィスリノベーションを実施しましょう。 この記事では、オフィスリノベーションの費用の相場、そして費用の内訳について紹介しました。 ・オフィスリノベーションの効果 ・オフィスリノベーションの費用の相場はいくら? ・オフィスリノベーション工事の費用の内訳 ・オフィスリノベーションの費用を相場より安くするのは難しいが この記事でオフィスリノベーションを安くするヒントが得られたでしょうか。もし何等かのヒントになれば幸いです。

集客UP!オフィスエントランスに取り入れたい4つの機能

オフィスエントランスは企業にとって非常に重要なポジションです。エントランスの雰囲気で顧客が決まるといっても過言ではありません。できれば顧客に愛されるオフィスエントランスを目指したいものですね。 そこでこの記事では、オフィスエントランスとは何か、オフィスエントランスに取り入れたい機能を4つご紹介します。 ・エントランスはオフィスの顔! ・オフィスにおけるエントランスの役割 ・オフィスエントランスに取り入れたい4つの機能 ・エントランスをうまく活用すれば集客率も自然と上がる エントランスはオフィスの顔! オフィスで働く従業員はこの会社でどんな仕事をしているのかがわかっていますが、関連がない外部の人にとっては、この会社がどんな仕事をしているのかは知る由もありません。 もちろん今はインターネットでどんな会社で、どんな仕事をしているのかがすぐにわかりますが、実際にオフィスを訪れたときに、エントランスの雰囲気が悪いと入るのに勇気が要ります。 オフィスのエントランスは従業員の出入り口であると同時に、外部からやってくる方に、この会社で何ができるのかをアピールする顔のような場所なのです。 オフィスにおけるエントランスの役割 オフィスエントランスの役割は大きくわけると2つあるので、2つの役割について説明します。 企業のブランドイメージを表現する この会社がどんな企業なのかを、訪れた方々に表現するための役割があります。表現する方法は一つではなく、ブランドカラーやロゴなどを使って表現したりします。 ロゴやコーポレートカラーやシンボルを使用する場合には、どんな企業かが一目でわかる必要があります。またロゴについては読めない文字ではなく、なんとなくでもわかるロゴにするなどの工夫が求められます。 外部から来た人への自社のPR 企業にはものを生産している企業もあれば、手に取れない製品を作るクリエイティブな企業があります。もし可能であれば生産・非生産に関わらず、自社の製品や業務内容が一目でわかるようなPRにも使える場所です。 一目で何をしている企業かわかれば、顧客の増加にもつながりますし新しい人材の確保にもつながります。 オフィスエントランスに取り入れたい4つの機能 オフィスエントランスを改善したい方注目!ここでは4つのポイントを抑えたエントランスに欲しい機能をご紹介します。 自社の製品が一目でわかるスペース より来社した方にどんな企業なのかをアピールするために、自社の製品が一目でわかるスペースを設置します。すでに多くの企業が取り入れている機能で、人目で何を作っているのかがわかるので集客にもつながります。 また、欲しい機能全てに共通しますが、就職を目的としている方にとっても、人目で何をしているかがわかるのはありがたいのです。働く意欲にもつながり人材の確保にもつながります。 液晶パネルで実績・サービスをプロモーションする機能 陳列できる製品の生産をしていない企業には、液晶パネルを使って来社した方に液晶パネルを使ったプロモーション機能の追加がおすすめです。中には代表的な製品の陳列の他に液晶パネルを使ったPRをしている企業もあります。 これまでの実績やどんなサービスを提供しているのかが一目でわかるので、顧客の増加につながる機能です。 ホスピタリティ機能の追加 ホスピタリティ機能とは、来社した方の目的に合ったサービスを提供する機能です。例えば大手企業でよくあるエントランスに案内をする方がいますが、ありがたいけど手間をもっと省きたいと考える方もいます。 その一つが直接担当者を呼び出せるシステムの導入です。この方法だとそれぞれの担当者を簡単に呼び出せて、仲介のための手間や時間がかかりません。 そのために必要なのは受付アプリの導入です。もっと簡単に電話で呼び出すシステムを導入している企業もありますが、できればアプリの導入の方が視覚的にわかりやすくておすすめです。 セキュリティ機能の強化 有人化でも無人化でもセキュリティには特に気を付けるべきです。万が一のことが起こった場合、建物内にいる全ての人の命を守ります。火災が起こった場合や地震が起こった場合の逃げ道の確保なども必要です。 また、外部から来た人が内部の人に害を与えるような行動を取った場合の対策もしっかり行う必要があります。 エントランスをうまく活用すれば集客率も自然と上がる 一目で何をしている企業かがわかってもらえれば、自然と顧客の数も増えていきます。顧客が求めているものと提供しているサービスが合っているかどうかが、エントランスで表現できるからです。 しかしそのためには、今のオフィスエントランスに足らない機能を追加する必要があります。追加するためにはハード面が必要だったり、ソフト面が必要だったりもします。 なので、追加したい機能を熟知している業者を探し、相談をして具体的にどうすべきかを決定するのをおすすめします。 オフィスにおけるエントランスの役割についての説明と、オフィスエントランスに取り入れたい4つの機能についてご紹介しました。 ・エントランスはオフィスの顔! ・オフィスにおけるエントランスの役割 ・オフィスエントランスに取り入れたい4つの機能 ・エントランスをうまく活用すれば集客率も自然と上がる この記事がオフィスのイメージアップを計画中の方のお役に立てれば幸いです。

オフィスゾーニングを意識した快適空間を作ろう!

オフィスレイアウトを考える際に、動線を意識しながらレイアウトを考えるはずです。 この時、何をどのスペースにするかを考えてレイアウトは作られます。 何をどこに置くか、この考え方をゾーニングと言います。 ゾーニングを明確にしておけば、動線を意識したレイアウトなどがうまくできるでしょう。 ゾーニングを活用して快適空間を作り出すために必要なことをまとめました。 ・まずは大まかに場所を決める ・働き方がゾーニングに影響を与える ・優先順位をつける まずは大まかに場所を決める 何をどこに置くのか、何をどのスペースにするのか、ゾーニングを考える中で決めなければならないことです。 ここはミーティングスペースにしたい、管理職のスペースにしたい、更衣室などにしたいなど色々なことが想定できます。 セキュリティ対策も施した上で、それぞれのスペースを確保し、配置していきます。 配置する中で微調整も入り、最終的に従業員にとっても来客者にとっても違和感のないオフィスレイアウトになるでしょう。 オフィスレイアウトは誰かに特化させるレイアウトにすれば、誰かが割を食います。 お客さんにとって利用しやすい環境に特化すれば、割を食うのは従業員です。 反対に従業員だけ居心地のいい環境にすればお客さんはあまりいい気分にはならないでしょう。 どちらにとっても違和感がないゾーニングを目指すには、まずは何をどこに配置するかを大まかに決めておきましょう。 働き方がゾーニングに影響を与える 快適空間を作り出す、快適に仕事をしてもらうためのゾーニングを考える場合、その働き方が重要になります。 常にパソコンとにらめっこになるITエンジニアなどはスイッチをオフにして休憩できる環境、オンの時に邪魔されにくい環境を求めるでしょう。 またプロジェクトで動く場合はミーティングスペースの確保は必須。 このようにその会社によって働き方が異なり、この会社では必要でもあの会社では不必要というケースも生じます。 多くの社員が外回りに出かけ、会社にいるのは報告書や資料作成ぐらいという場合にも、それに見合ったゾーニングが必要です。 営業の会話がしやすいよう、執務スペースから離れたところに面談スペースを設けるなど、効率のいい働き方ができるレイアウトが合理的。 このように働き方がゾーニングに影響を与え、ゾーニングを考えることは働き方の改良にもつながります。 優先順位をつける ああいうオフィスにしたい、こういうゾーニングを目指したいと考えても、すべてが実現するわけではありません。 オフィスの面積は有限であり、限られた空間でベストを目指さなければなりません。 その場合、何を重視し、余裕があれば何を入れていくか、優先順位をつける必要があります。 効率よく働ける執務スペース、オンオフの切り替えができる休憩スペースを確保してほしいなど、色々な希望が従業員から出てくるでしょう。 でも、大事なことは企業の業績を上げること、それに必要なオフィスレイアウトを考えること。 ゾーニングを考えることは、この会社に何が必要で何がいらないのか、何をすれば快適な空間になるかをシビアに考えることを意味します。 ゾーニングを活用して快適空間を作り出すために必要なことについてご紹介しました。 ・まずは大まかに場所を決める ・働き方がゾーニングに影響を与える ・優先順位をつける 何度もレイアウト変更をできないからこそ、真剣に時間をかけて考えましょう。

コロナでどう変わる?オフィスワークの変化や未来の働き方について考える。

今、私たちは新型コロナウイルスによって生活スタイルを大きく見直すということが求めてられています。 今まで当たり前にしていたことが突然できなくなり、制限のなかで生活をしていかなければなりません。かといって新型コロナウイルスが完全になくなるわけでもないので、私たちはコロナと上手に付き合っていかなければなりません。 私たちが生きていくうえで大切なことの1つに「働く」ということがあります。 働かなければお金もなく、生きていくこともできません。 それほど働くということは重要なのです。 本記事では、コロナによってオフィスワークに変化はあったのかまた、未来の働き方はどのようになっていくのかについてご紹介していきます。 ・コロナによるオフィスワークの変化 ・未来の働き方とは? ・コロナのような感染症に対応するためには? 本記事を最後まで読んで頂ければ、コロナによる働き方の変化についてより深く知って頂けるかと思います。 フリーアドレス制度とは? コロナによるオフィスワークの変化を詳しくご紹介する前に、まずは「フリーアドレス制度」について解説しておきます。このフリーアドレス制度というのが、コロナ禍におけるオフィスワークの変化と大きく関わっています。 現在のようなコロナ禍になってしまう以前は、オフィスワークでは「フリーアドレス制度」というものが最近のオフィスの主流となっていました。 そもそも、このフリーアドレス制度というのは、会社に勤務する社員1人1人が決まった固定の席を所有せず、その配属先のフロア内にあるデスクを自由に選択して業務をおこなうことができるという制度です。 少し前までは固定のデスク仕事をするというのが普通でしたが、いつも同じデスクだと関わっていく周りの人も変わらず、社内全体のコミュニケーションが不足するという課題もありました。また、同じデスクだと風景も同じということで作業効率も下がってしまうというのが懸念でした。 フリーアドレス制度というのは、部署の垣根を越えて会社でまとまりを持って仕事をしていくことが可能な制度となっています。 コロナ禍によるオフィスワークの変化は? そして、そんなコロナ禍におけるオフィスでの働き方にも変化が生じてきています。 コロナ禍以前のオフィスの主流は先ほどご紹介をした通り、フリーアドレス制度でした。しかし、このフリーアドレス制度はコロナ禍において問題視されています。 厚生労働省が提示する集団感染の条件として「換気が悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」という密閉、密集、密接と呼ばれる「3密」の3つの条件が揃ってしまう場所に集団感染の可能性が高くなると言われています。 そのため、フリーアドレス制度をオフィスにおいて今後も続けていくには十分な感染対策をとっていく必要が出てきます。 頻繁にデスク間を自由に移動するということは、それだけ感染リスクも高まるというわけです。 移動の際、マスクを着用するというのは当たり前ですが下記のような対策も大切です。 ・各デスクを極力、対面になるように配置しない ・フロアをフルに使用して、密な空間を生まない ・デスクが対面になってしまったとしても、パーティションなどを上手く使って飛沫防止を  する この他にも、オフィスの人々が共通して触れるようなドアノブや備品、トイレや休憩スペースなどの徹底消毒、こまめな手洗いなどは常におこなっていく必要があります。 しかしながら、今後のコロナの感染状況によってはフリーアドレス制度や、そもそもオフィスワーク自体が減少していくという可能性は十分にあります。 どれだけ感染予防対策をおこなったとしても、限界はあるからです。 今後のオフィスワークの変化は? 先述したように、従来のオフィスワークはだんだんと姿を変えていく可能性があります。 今後のオフィスワークのスタイルがどのように変化していくのか、いくつかご紹介していきます。 テレワークの増加 コロナ禍によって今後は、テレワークが増加していくことが見込まれます。 コロナ禍においては、やはりオフィスに出勤をしている限りは感染リスクは常にある状態になります。満員電車での通勤を避けるためにも、在宅勤務というものが推奨されています。 在宅勤務の他にも「コワーキングスペース」や「シェアオフィス」などとオフィスの新しいスタイルで仕事をしていくということが増えていくことが予想されます。 できるだけ作業をおこなう場所を分散して密集を避けるかたちでのワークスタイルが求められています。 5G通信によるテレワークの活性化 現在、最速のインターネット通信方式として「5G通信」の実用化が急速に進められており、日本でも徐々にサービスが利用できるようになってきています。 5G通信の目玉が高速通信、遅延の少なさ、通信の高い信頼性などが挙げられます。 テレワークとなるとオフィスで作業する際とは異なり、より安定してよりスムーズに作業をおこえなる環境が重要となってきます。5G通信を導入することで、作業効率もアップするのでこれから5G通信が広まっていけば、よりテレワークが活性化していくことが予想されます。 いかがでしたでしょうか? 本記事では、 ・フリーアドレス制度とは? ・コロナ禍によるオフィスワークの変化は? ・今後のオフィスワークの変化は? についてまとめてみました。 コロナ禍におけるオフィスワークでのポイントは以下の2つです。 ・オフィスでの勤務の場合は手洗い消毒や、パーティションの設置など感染対策を徹底する ・できる限りテレワークの導入を推奨する 是非、皆さんも本記事を参考に再度、オフィスワークの在り方について検討してみてください。

テレワークが快適になるおすすめグッズを紹介!

コロナ禍をきっかけに、リモートでの仕事、テレワークが一般的になりました。 たとえコロナ禍が落ち着いてもテレワークで行える仕事はテレワークで済ませるケースも増えることでしょう。 さて、そんなテレワークを少しでも快適に行えるようにしたいと考える人も多いはず。 そこで、テレワークが快適になるおすすめグッズについてご紹介します。 ・「チェアクッション」 ・「骨伝導イヤホン」 ・「プライバシーテント」 「チェアクッション」 テレワークを始めるにあたり、環境を整備した方も多いはずです。 しかし、オフィスチェアーなどテレワーク後のことを考え、なかなか買えなかった人もいたことでしょう。 かといって、食卓のイスで長時間テレワークを行い続けるのも大変。 そこでおすすめなのがチェアクッションです。 チェアクッションは人間工学を考慮し、骨盤が安定し、身体への負担が軽減されるように設計されています。 これなら様々なイスで活用していくことができます。 仮にテレワークが終了しても、普段から使っていくこともできるので、無駄になることがありません。 「骨伝導イヤホン」 テレワークでは、毎日のようにオンライン会議を行うことになります。 その際、イヤホンの存在は重要で、これがあることで家族に会話の内容を聞かれずに済みます。 一方、耳を両方塞いでしまうと、訪問客や宅配業者からのチャイムに気づかないケースも。 また、会社に出勤してオンライン会議に参加した際、周囲の音で聞き取れないこともあるでしょう。 そんな時におすすめなのが骨伝導イヤホンです。 骨伝導なので、耳を塞ぐことなくクリアに聞こえるので、訪問客などのチャイムや家族の応答にも対応できます。 またイヤホンをし続けると耳への負担がかかることがありますが、その心配もなくなります。 最近では数千円で質のいい骨伝導イヤホンも登場しており、普段から利用することも可能です。 「プライバシーテント」 テレワークに抵抗がある人の中には、自宅で仕事をすることで公私の切り替えが難しいと考える人がいます。 人によっては、普段使っていない部屋やコワーキングスペースなどを活用する人も。 しかし、部屋が余っている人は多くないですし、コワーキングスペースを普段から利用するのはお金もかかります。 そこでおすすめなのがプライバシーテント。 机とイスが収容できる大きさで、遮光性の高い生地を使っている関係で暗室のような状態にすることができます。 より集中できるほか、視線に入らない場所にメッシュタイプの窓があるため、風通しも万全です。 視界に様々なモノが飛び込んでくると集中力が途切れる人もこれなら安心。 もしテレワークが終了しても、何かしら集中して取り組みたい場合でも利用できます。 また使わなくなっても小さく折りたためるため、必要な時に取り出すことも可能です。 お子さんがいる場合はお子さんの遊び場としての活用もできます。 この記事では、テレワークが快適になるおすすめグッズについてご紹介しました。 ・「チェアクッション」 ・「骨伝導イヤホン」 ・「プライバシーテント」 他にもテレワークを快適にするグッズはあります。 テレワークを行う際にどんな悩みがあるのか、どのグッズならその悩みを解決できるのか、その観点で探してみるのがいいでしょう。

オフィスにおけるパーテーションって?パーテーションの種類や設置のメリットも徹底解説!

皆さん、オフィスにおけるパーテーションというものはご存知でしょうか? 訪問者用の大切な応接スペースから社内の収納備品が見えてしまっている、オフィス内の各部署にまとまりがないなどオフィスのレイアウトに悩んでいる場合に使用する仕切り壁のようなものになります。 本記事では、そんなオフィスのレイアウトデザインに悩んでいる場合に活躍する「パーテーション」について、種類や設置メリットについてもご紹介していきます。 ・オフィスにおけるパーテーションって? ・パーテーションの種類は? ・パーテーションの設置メリットとは? 本記事を最後まで読んで頂ければ、オフィスにおけるパーテーションの利用についてより深く知って頂けます。 オフィスにおけるパーテーションとは? パーテーションとは、オフィススペースなどにおいて空間を上手くレイアウトするための仕切り壁になります。「区切り」という意味を持つこのパーテーション。 常設の壁ではないので、その場所における空間デザインを自由にレイアウトすることが可能となっています。 ただ、パーテーションにおいては簡単に目隠し程度の壁を設置するのか、パーテーションを使って完全に独立したかたちの部屋のようなものを空間としてつくるのかよって、使用するパーテーションの種類や使い方が変わってきます。 パーテーションの種類って? パーテーションには、主に下記の種類のものがあります。 ・ローパーテーション ・ハイパーテーション ・スチールパーテーション ・アルミパーテーション 上記のように素材やかたちもさまざまなので、どのようなレイアウトを目指しているのか、どのような目的で使用するのかによって、使うパーテーションの種類が異なります。 それでは各パーテーションの特徴を1つずつ見ていきましょう。 ローパーテーション こちらのローパーテーションは、高さが低いタイプのパーテーションで最大のものでも約2mしかありません。 パーテーションの種類のなかでは最も低くコンパクトなので、移動も簡単で万が一、レイアウトを変更しなければならないとなった場合でも簡単に変更することが可能となっています。 オフィスにおける社員の方々の人数に変更があった場合でも、すぐに追加できて組み立ても簡単なため、専門業者への依頼も不要です。 ハイパーテーション ハイパーテーションは、高さが床から天井までにおよぶタイプのパーテーションになります。ローパーテーションとは反対になりますね。 基本的にハイパーテーションには、床と天井に固定をさせるタイプと、床と天井にレールを設置してそのレール間でパーテーションを移動させることのできる「可動式パーテーション」と呼ばれるタイプの2つが存在します。 ハイパーテーションにおいては高さが床から天井まで及んでいるため、完璧な密閉空間をつくることが可能となっています。 また可動式パーテーションとなると人数によって空間のサイズを変えることも可能となっているので、よりフレキシブルな空間づくりが可能となります。 アルミパーテーション アルミパーテーションは、パーテーションのフレーム部分がアルミでつくられているパーテーションになります。 実際のパネル本体部分は半透明なプラスチック素材のようなものでできていることが多くなっています。 アルミパーテーションにおいてはある程度の高さはしっかりとありつつも、軽量につくられているので移動が簡単です。ただ一方で軽量がゆえに遮音性や密閉性には欠けるため、独立した部屋をつくることは難しくなっています。 スチールパーテーション スチールパーテーションは、鉄と石膏ボードによってつくられているパーテーションとなっています。フレームと本体パネルとの間につなぎ目がなく、フラットなデザインとなっているのが特徴です。 使用目的に合わせてパネル素材を遮音性や耐火性の高いものに変更するということも可能となっています。 一方でこのスチールパーテーションはある程度の重量があるため、導入および運搬にコストがかかるというデメリットもあります。 密閉性は非常に高く、通常の住居の壁とほぼ変わらない感覚で使用をすることができるので、本物の住居のように火災報知器や空調設備を設置することも可能となっています。 オフィスにおけるパーテーション設置のメリットって? 続いては、パーテーションを実際に設置することに対するメリットをご紹介していきます。 オフィスにおけるレイアウトというのは、社内環境を整えるうえで非常に重要なものになります。 そのため、メリットをしっかりと把握して効率的なパーテーション導入をおこなうことをおすすめします。 オフィスにおけるデザイン性がアップする パーテーションは、単純に空間を仕切ることのできる壁というだけではありません。 オフィスや会社における事務所というのはその性質上、どうしても淡白な空間になりがちです。 しかし、休憩スペースなどにおいては、やはり、温かみのある空間にしたいものです。 パーテーションにおいては高さなどの種類が豊富なうえに、デザインも多く存在しています。仕切り壁としてと同時に、デザイン性も兼ね備えたパーテーションを利用することで現在のオフィスの雰囲気を壊すことなく、オシャレなデザイン要素をプラスすることができるというのも、パーテーションのメリットです。 集中力がアップする パーテーションにおいてはどの種類のパーテーションにおいても、必ず希望のプライベート空間をつくることができます。 確かに通常の部屋とは異なりますが、周囲からの視線などはシャットアウトできるので、集中力のアップおよび作業効率アップに必ずつながります。 セキュリティ性がアップする ハイパーテーションに関しては、完璧に独立をした空間をつくりあげることが可能となっています。 ハイパーテーションにパスコードやカードキー付きのドアを設置することで、セキュリティ性能の高い空間をつくりあげることが可能となっています。 一般の賃貸のオフィスにおいては、ワンフロアを複数の会社にてレイアウトしていくスタイルが主流となっています。 他の会社と差別化を図り、社内の機密情報をしっかりと保持するためにはしっかりとドアとカギをつけることのできるパーテーションの利用が非常に効果的となります。 いかがでしたでしょうか? […]

まだ間に合う!テレワークで用意したい家具5選

今やパソコンとネット環境があれば、どこでも職場にできるテレワークが推奨されています。基本は自宅の一室をオフィスとして利用しますが、テレワークのための家具選びは非常に重要です。 そこでこの記事では、テレワークを始めるために用意すべき、家具をご紹介しますので、何をそろえればいいか迷っている方の家具選びのお役に立てれば幸いです。 ・テレワークに最低限必要な家具5選 ・テレワークをさらに快適に行うためにプラスしたい家具 テレワークに最低限必要な家具5選 ここではテレワークを始める前に、必ず揃えておきたい必要最低限の家具をご紹介します。 絶対に必要!作業目的に合ったオフィスデスク 作業をするために絶対に必要なのがオフィスデスクです。デスクの大きさは作業内容によって変える必要があります。 使用するパソコンのタイプ(デスクトップかラップトップ)によって、作業がしやすい広さ(大きさ)のデスクを購入してください。 ラップトップの場合はモニターがパソコンに付いているので、広いデスクは必要ありません。デスクトップの場合はモニターを置く場所と、キーボードを置く場所が必要です。 形状はI字型のデスクとL字型のデスクが主流です。作業効率の良さで選ぶならL字型のパソコンデスクがおすすめです。 運動不足を補うスタンディングデスク テレワークは作業中は座った状態で業務を行います。そのため長時間座った状態が続くので、エコノミー症候群などの急激な体調変化を予防する必要もあります。 そんな方はスタンディングデスクもおすすめです。他にもデスクの高さを調節できて、座っても立った状態でも使える高さ調節が可能なデスクを選んでください。 1番しっかり選びたいのがデスクチェア デスクも非常に重要ですが、実は長時間座って作業をする可能性が高いテレワークでは、デスクチェアの選び方も重要なポイントです。 例えば座面が狭い・固いデスクチェアや、リクライニングしないデスクチェアはおすすめできません。座面が硬いと長時間座って作業をしたときに、お尻が痛くなったり腰痛の原因になったりします。 疲れたら適度にリクライニングをして、体圧を分散して正常な血流を促すのも忘れてはいけません。足のだるさが気になる方はオットマンが付いたデスクチェアがおすすめです。 何がどこにあるか一目でわかる収納家具 作業をするデスクの上にはできるだけ物を置かない方が作業の邪魔になりません。パソコンの周辺機器を置く場所は別に作っておくのをおすすめします。その代表的なものがプリンターです。 プリンターを置く場所は別途用意しましょう。できればキャスターが付いて移動が楽な、収納家具がおすすめです。必要な資料や文房具などを入れておければ整理ができます。 別途収納家具が必要な理由としては、パソコンデスクを購入する場合、収納部分が無いタイプが多いためです。パソコンデスクは使い勝手がよく、軽くて価格もお求めやすい価格なので人気があります。 ONとOFFを切り替えるパーテーション 一人暮らしの方がテレワークを行う場合にはパーテーションは要らないと考えがちですが、テレワークを始めるとすぐにわかるのが「プライベートと仕事の切り替えの難しさ」です。 ONとOFFを切り替えるためにも、簡易的でもいいのでパーテーションを用意するのをおすすめします。ご家族と同居の方の場合は、パソコン周りの目隠しにもなりますし、WEB会議のときにも会話がしやすくなります。 パーテーションは簡易的なものでもかまいませんが、DIYで作るとインテリアに合ったものを作れておすすめです。 ちょっとした休憩にもぴったりなサイドテーブル サイドテーブルがあった方がいいと考える方も多いです。確かにその意見には賛成できます。その理由としては作業しているデスクの上に、コーヒーなどの飲み物を置いていると、もしものときにパソコンが浸水する危険があります。 業務を行うパソコンが壊れてしまったら仕事に支障が出てしまうので、できればコーヒーなどの飲み物はサイドテーブルに置いて作業をするのがおすすめです。 また、サイドテーブルがあればスマートフォンやタブレットを使って、会話をしながら作業もできて便利です。 テレワークをさらに快適に行うためにプラスしたい家具 作業を行う部屋の広さにもよりますが、余裕があればソファーやテレビもあると便利です。休憩を取りたいときにベッドに横になったり、リビングでくつろいだりしてもいいかもしれませんが、ソファーはそれ以外にも用途があります。 例えばWEB会議を行う場合、会議の相手に失礼がありません。会議室で向かい合って会議をしている気分になるので、話に集中できるメリットがあります。 高級なソファーをそろえる必要はなく、2人掛けの黒や茶色の安いソファーでもいいので、デスクの近くにソファーを用意するのをおすすめします。 本記事では、テレワークの生産性についてまとめました。 ・テレワークに最低限必要な家具5選 ・テレワークをさらに快適に行うためにプラスしたい家具 テレワークを始める方に最低限揃えて欲しい家具を5選と、より快適にテレワークを行うための家具をご紹介しました。 この記事が今後テレワークをする可能性がある方の、お役に役立てれば幸いです。

現在、流行のリノベーションが人気の理由とは?今後のリノベーションのあり方についても徹底解説。

皆さん、リノベーションという言葉をご存知でしょうか? 新しいものをゼロからつくるというものではなく、既存で存在するものをつくり変えるという方法として今、リノベーションが注目を集めています。 しかし、リノベーションと一言にいってもなぜ、そんなにリノベーションが人気を集めているのか、リフォームと同じことなのではないかと疑問に感じている方も多いかと思います。 本記事では、リノベーションの人気の理由は何なのか、今後のリノベーションには何か変化があるのかについてご紹介していきます。 ・リノベーションが人気の理由 ・リノベーションとリフォームの違い ・リノベーションの今後の展望 本記事を最後まで読んで頂ければ、リノベーション関する知識をより深めることができます。 リノベーションとリフォームの違いって? リノベーションのことをより深く知っていくためには、まず既存のリフォームについても知る必要があります。 そもそもリフォームというのは、「原状回復工事」と呼ばれる種類のもので壊れてしまったものや、長期間における劣化によるものを壊れてしまう前の状態に戻すという作業のことを言います。 例を挙げると、バスルームが長い期間の使用によってあちこちにヒビが入り、古くなってきてしまったため、最新システムのバスルームにつくり変えるなどといったことになります。 これらのことをリフォームとすると、反対にリノベーションというのはリフォームとは大きく異なります。 リノベーションは原状回復ではなく、「改築」という工事方法になります。 リフォームのように、古くなってしまった設備だけを変更するのではなく、間取り自体から変更をしたり、家のデザイン等も一新して古くなってきてしまった家全体を新しいものにつくり変えていくというものです。 リノベーションはリフォームのように、家の部分的な工事だけではないので大がかりな工事にもなります。 リノベーションが人気の理由って? いくら家が新しくキレイになるからといって、そんな大がかりな工事となるリノベーションがなぜ、人気となっているのでしょうか? こちらでは、ポイントとなる理由を順番に挙げていきたいと思います。 「家を建てる」ことに対する抵抗感の減少 これまで賃貸ではなく、「自分自身の家を持つ」ということはかなりハードルの高いことだとされてきました。 家の中のデザインをすべて自分の好みのものにしたいという場合、注文住宅として1から建築士に依頼をして家を完成させなければならないという概念が一般的だったからです。 しかし最近では、既存のお手頃な住宅を購入してそこから家の中すべてをリノベーションするという考え方も増えてきたので、1から注文住宅を建てるよりも費用もおさえることができ、自分の理想の家をつくるためのハードルそのものも下がったことがきっかけでリノベーションが一気に流行したと考えられます。 自分自身や家族のための空間を重要視する人が増えている 自分の家を持とうと考える方々の目的や理由は、それぞれで異なります。 自宅を仕事場として使いたい、子供中心の家にしたいなど本当にさまざまです。 リノベーションでは間取り自体から始まり、インテリアや内装など自分のこだわりを細部まで表現することができます。 建売住宅のように型にはまった家ではなく、自分の住みやすい家をとことん追求したいと考えている人が増えているということが理由として挙げられます。 環境対策としても効果的 リノベーションは、ただ自分の理想の家を実現できるというだけではなく、地球の環境対策にも一役かっています。 新築の家を建てる場合には当然、それだけの新しい材料および新しい材料を使ったことによって余ってしまった廃材というものも発生します。そのため、決して環境に良いとは言えないわけです。 その反面、中古の家を改築するかたちで新しい家を生み出すリノベーションは、既存の家の材料も再利用できるため、新しい材料や廃材の発生を最小限に抑えることが可能となります。 そういった観点から今、リノベーションは環境対策としても注目をされています。 リノベーションの今後の展望やポイントとは? 現在、注目を集めて流行となっているリノベーション。 今後、どんどん進化をしていくことが考えられますが今後、リノベーションはどのような変化を遂げていくのでしょうか? そのポイントをいくつか見ていきたいと思います。 リノベーション業界へのあらゆる業種の参入 これまでリノベーションでは住宅メーカーや、建築設計事務所が請け負うというのが通常でした。しかし、ここ最近ではこういったセオリーの業種だけではなく、不動産会社や、家電量販店などさまざまな業種がリノベーション業界に参入をしています。 特に家電量販店については、キッチンやバスルームなど家電量販店ならではの分野で家電製品とリノベーションを上手く組み合わせながら、展開をさせています。 リノベーション業界の今後 最近ではお部屋のリノベーションだけではなく、収納関係つまりクローゼットなどを増築および改築をするというかたちリノベーションも増えています。 他にも窓を増やしたり、バルコニーを改築したりとリノベーションの傾向も変化しつつあります。今後もリノベーション工事を請け負う業種もどんどん増えていくことが考えられます。 よりリノベーションのレパートリーが豊富になり、より自分のオリジナリティや希望を実現させることのできるリノベーション形態になっていくことが考えられます。 いかがでしたでしょうか? 本記事では、 ・リノベーションとは? ・リノベーションとリフォームの違い ・リノベーションが人気の理由 ・リノベーションの今後 について、まとめてみました。 皆さんも是非、リノベーションを検討するうえで本記事を参考にして頂き、理想てきな家の実現に役立ててください!

在宅ワークを快適にするおすすめのカンタン設置の間仕切り・パーテーション

在宅ワークを快適にするには、デスクの選び方も重要ですが、なんといっても作業に集中できるスペースの確保が重要です。特に重要なのが仕事とプライベートをどのように切り離すかです。 この記事では、在宅ワークを快適にするためにおすすめな、簡単設置の間仕切り・パーテーションをご紹介します。 ・パーテーションや間仕切りをするメリット ・在宅ワークを快適にする簡単設置の間仕切り・パーテーション ・ちょっとした工夫で快適な在宅ワークスペースを作れる パーテーションや間仕切りをするメリット 在宅ワークをするときに、パーテーションや間仕切りをした方が良いのは、仕事とプライベートを切り離せるからです。これは独身者でも既婚者でも同じです。 日常を過ごしている状態のまま仕事をすると、意外と仕事に集中できないこともあるのです。既婚者なら自宅に家族がいるのですから、仕事をしたくても集中できないケースもあります。 だからパーテーションや間仕切りが必要なのです。では在宅ワークにはどんなパーテーションや間仕切りが合うのかを説明します。 在宅ワークを快適にする簡単設置の間仕切り・パーテーション 自宅で使用するのならば、大きな間仕切りやパーテーションは必要ありません。自宅の環境に合ったタイプの間仕切りやパーテーションを選びましょう。 家具で簡単間仕切りを作るならニトリなどの量販店をチェック ニトリは家具やファブリックなど自宅で日常的に使用する製品の販売をしています。その中に、間仕切りやパーテーションに最適な商品もあります。例えばボックス収納や本棚です。 収納ボックスを使って間仕切りやパーテーションにすると、収納スペースの確保と仕事とプライベートの切り離しができます。個人差がありますがボックス収納なら30分程度で作れるのも魅力! でも棚で間仕切りをすると、部屋全体が暗くなってしまうのでは?と思うのならば、背面に板がついていないタイプの棚がおすすめです。目線の高さまでは書籍などを入れて、上部は空けておけば光が入ります。 簡単DIY 天井にレールを付けてカーテンで仕切る 簡単なDIYです。天井にカーテンレールを取り付けて、光は通すけど視線を遮るカーテンを取り付けます。カーテンレールは自由に曲げられるタイプを選んで、好みの形に取り付けてください。 曲線にも直線にもレールを取り付けられるので、部屋全体を暗くしないで視線を遮り、仕事に集中できるスペースを簡単に作れます。 この方法は、病院の病室でも取り入れている方法で、一人でも簡単にできるのでおすすめです。 プランターを使用して間仕切り・パーテーションにする 腰までの高さの窓の前に作業スペースを取ると、部屋全体が暗くなってしまう場合はプランターを使って空間を分けられます。このとき、好みの高さのプランターを選ぶのが重要なポイントです。 プランターは明るい色を選ぶと良いでしょう。プランターに飾る植物は、花ではなく観葉植物がおすすめです。花だと枯れて落ちたり花粉が飛んだりするので、意外とお手入れが大変になります。 パキラやお金の生る木などの緑の濃い植物は、仕事に集中できるのでおすすめです。 ロールスクリーンを使った簡単間仕切り・パーテーション 天井からロールスクリーンを使って間仕切りやパーテーションするのもおすすめです。仕事が終わったらスクリーンを上げて部屋を広く使えますし、夜家族皆でプロジェクターを使って映画などを楽しめ、簡単に設置できるのも大きなメリットです。 ちょっとした工夫で快適な在宅ワークスペースを作れる 大掛かりな工事をしなくても、自分で簡単に在宅ワークスペースを作ることは可能です。しかし、間仕切りやパーテーションでは防音対策が満足にできないのも事実です。 例えばオンライン会議などを行う場合、発言のたびに筒抜けになるのが困るのならば、レンタルオフィスを活用するのも良いでしょう。 この記事では、在宅ワークを始める方が簡単にできる、間仕切りやパーテーションのやり方をご紹介しました。 ・パーテーションや間仕切りをするメリット ・在宅ワークを快適にする簡単設置の間仕切り・パーテーション ・ちょっとした工夫で快適な在宅ワークスペースを作れる 自分で設置すれば費用も安く抑えられますし、何よりも短時間で作れます。 もちろんこの記事でご紹介した以外にも、もっと良いやり方があるかもしれませんが、ぜひ在宅ワークの間仕切り・パーテーションを作るときの参考にしてみてください。

オフィス家具を使用するメリットって?選び方まで徹底解説。

ほとんどの企業の場合、オフィスで使用するためにつくられたオフィス家具を使用しているかと思います。 しかし、マンションの一室などを利用した比較的こじんまりとしたオフィスにおいては、ホームセンターなどでも販売されている一般的な家具を使用している会社もなかにはあるでしょう。 当然、一般的な家具の方がオフィス家具よりも安くなるわけですが、なぜ会社においてはオフィス家具を導入した方が良いのでしょうか? 本記事では、オフィス家具を使用するメリットについてご紹介していきます。 ・オフィス記事を使用するメリットとは? ・オフィス家具の選び方って? 本記事を最後まで読んで頂ければ、オフィス家具についてより深く知って頂けます。 オフィス家具のメリットって? オフィス家具のメリットとはいったい、なんなのでしょうか? そもそも一般の家具の場合、1つの家具をそこまで集中的に使用することはそこまでないかと思います。しかし、オフィス家具となるとデスクやイスなど会社における平均勤務時間である8時間は少なくても使用することになります。 さらに会社においては1日中、イスに座ったままというわけではありません。 立ち上がったり座ったりの繰り返しの動作が非常に多くなります。その繰り返しの動作は意外にも製品にかなりの負荷をかけます。 一般的な家具においては、そこまで負荷をかける想定をしてつくられていないので、やはりオフィスにおいては専用のオフィス家具を使用する必要があります。 耐久性能に優れている 1つ目のメリットは、こちらになります。 前述もした通り、オフィス家具においては耐久性能が非常に高いです。オフィス家具における耐久寿命はなんと約8~10年と言われています。 オフィスでの勤務における負荷を含めてもこの年数というのは驚異的です。 一方で一般の家具においては、オフィス家具ほどの耐久寿命や繰り返しの負荷さらに、瞬発的な衝撃に耐えられるつくりにはなっていません。 この点で見てもオフィス家具に関しては、非常に優れていることが分かります。 オフィスに最適な家具を選択できる 当たり前と思う方もいるかもしれませんが、一般の家具ではオフィスの雰囲気に合う、オフィスの目的に合う、オフィスの利便性に合うなどの条件が揃う家具というのは、なかなかありません。 その点、オフィス家具は当然ながらオフィスにて使うためにつくられたオフィス専用の家具になります。そのため、世の中にオフィスは数多くありますが必ず、それぞれのオフィスに合った家具が見つかるというわけなのです。 オフィス家具の選び方って? それでは実際に、それぞれのオフィスに合った最適な家具をどのように選べば良いのでしょうか?オフィス家具とひとことで言ってもさまざまな種類があるので、どのように選べば言いのか悩んでしまいますよね。 こちらでは、おすすめのオフィス家具の選び方についてご紹介していきます。 オフィス家具はデザインだけで選ばない オフィス家具は一般の家具と違い、かなりサイズの大きなものになるので存在感もあり、その場所の雰囲気をかなり左右します。そのため、デザイン性の高いオフィス家具を配置することで、洗練されたオシャレな雰囲気にすることも可能です。 また、オフィス家具のデザインによって雰囲気がオシャレになれば、社員の方々のモチベーションもアップしますし、訪問された方の印象も変わってきます。 なので、一概にデザイン性のあるオフィス家具を選択してはいけないというわけではないのです。 しかし、デザイン性が高いということは裏を返せば個性が強いということです。 万が一、将来的にオフィスのレイアウトなどを変更することになった場合、デザイン性のあるオフィス家具は主張が強すぎて、レイアウトに対応できない場合があります。 また、デザイン性のあるオフィス家具は、デザイン性が高いがゆえに収納力はあまり高くなかったりする可能性があるので注意が必要です。 デスクの選び方 オフィスのデスクには引き出しのないシンプルなタイプの平机と、引き出しのある袖机の2種類があります。用途に合わせて、主にこの2種類からデスクを選ぶことになります。 デスクはオフィスにおいて実際に作業をする場所なので非常に重要です。 事務作業だけであれば通常サイズのデスクでも特に問題ありませんが、デザイナーやシステムエンジニアなど職種よってはパソコンのモニターを何台も設置する場合があるので、デスクのサイズに関しても選ぶときの重要なポイントとなります。 イスの選び方 イスに関してもデスクと同様、非常に重要なアイテムの1つです。 オフィスでのお仕事においては、ほとんどの時間を座って過ごすことになります。あまり質の良くないイスを選択してしまうと作業効率が下がるだけではなく、腰や背中など体にも支障をきたす場合があります。 現在では、長時間の作業に特化したゲーミングチェアを導入している企業もあるので、イスに関しても慎重に選ぶことをおすすめします。 いかがでしたでしょうか? 本記事では、 ・オフィス家具のメリット ・オフィス家具の選び方 について、まとめてみました。 オフィス家具には本当にさまざまな種類のものが存在しています。 オフィスのコンセプトに合っていてなおかつ、そこで働く人のスタイルにも合った家具を選択することが非常に大切です。 本記事を参考に是非、皆さんも理想のオフィス家具を検討してみてはいかがでしょうか?